22 5月
2014

学校の勉強ですが、時間効率が非常に悪いと昔から言われ続けています。学習時間のペース配分が教科書にそって行なわれるのですが、教育委員会の方針で、1学期はこのページまで、というように期限内までにどの程度学習を進めるのかが決められているので、教師の実力が悪ければ、覚えにくいところを駆け足で済ませてしまうという事態も考えられます。これでは生徒は満足に学習の理解ができません。

学校の勉強の不備を補うために塾がるのですが、詰め込み型の学習指導でレベルについていけないという生徒も確実に存在します。そのようなスローペース型の生徒の指導方針ですが、家庭教師が最も向いているかと思います。分からなくなってしまったところを丁寧に教えるという事は、マンツーマンで時間を割けることのできる家庭教師だけの特権です。1週間に数回程度の授業で驚きの成績アップが実現できたという話もあるので、勉強に詰まっているのでしたら、家庭教師を呼んでみるのが良いかもしれません。

人にはそれぞれ特徴があるものです。それだけに、その人に合ったベストな指導方針というものも異なってきます。勉強が出来ないのは教え方が悪いという事も考えられるので、学習方法について考え直してみるのも良いのかもしれません。

コメントはまだありません学校

No comments


Name


Email (will not pubblished)


Website/URL